副料理長は2番目に偉い

人生と物語と学術を中心に

アニメ「鋼の錬金術師FA」を文学理論で分析したら面白さの理由が見えてきた

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51suN-TTDoL._AC_US218_.jpg

先日、アニメ「鋼の錬金術師 FA」全64話を鑑賞しました。いやぁ面白かったです。「どうせ子供アニメだろ乙」と構えていたんですけどね。

キャラクターも世界観もストーリーも作画もBGMもほぼ全ての要素がパーフェクトなアニメで、最終話終了時点ではすっかり鋼の錬金術師というコンテンツの虜になっていました。

あともうお亡くなりになっていますが家弓家正さんの迫真の演技も終生忘れないほど感動しました。

今私はこのアニメ「鋼の錬金術師 FA」に感動した記念として記事を書いているのですが、「鋼の錬金術師 FAが面白いww」とか「鋼の錬金術師 FAが面白い理由3選」とかのタイトルで書いてもきっとそんな記事は検索エンジンに溢れていると思います。

なので少しだけ視点を変え、文学学士なりに文学理論で「鋼の錬金術師 FA」という作品を分析してみました。

今回はその結果について書いてみようと思います。

昔話の形態学とは

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41AUoW5ZMWL._SX355_BO1,204,203,200_.jpg

昔のロシアの学者さんにウラジーミル・プロップという人がいます。この人は自著「昔話の形態学」の中で次のようなことをしました。

プロップは,アファナーシエフAleksandr Nikolaevich Afanas’ev(1826‐71)が〈魔法昔話〉と分類した100話について構造を分析し,個々の行為とそれが話のすじの展開に対してもつ意義とを区別し,後者を機能とよんだ。そしてプロップによれば,魔法昔話には全体として31の機能があり,その順序は一定で,もし何かの機能が欠落しても全体の順序は不変であるという。…

こちらから引用

kotobank.jp


この31の機能は次の通りとなっています。

昔話の構造31の機能分類

1.家族の成員のひとりが家を留守にする(留守)
2.主人公に禁を課す(禁止)
3.禁が破られる(違反)
4.敵対者が探り出そうとする(探り出し)
5.犠牲者に関する情報が敵対者に伝わる(情報漏洩)
6.敵は犠牲となる者なりその持ち物なりを手に入れようとして、犠牲となる者をだまそうとする(謀略)
7.犠牲となる者は欺かれ、そのことによって心ならずも敵対者を助ける(幇助)
8.敵対者が、家族の成員のひとりに害を加えるなり損傷を与えるなりする(加害)
※8が無い場合は8-aから始まる。
8-a.家族の成員のひとりに、何かが欠けている。その者が何かを手に入れたいと思う(欠如)
9.被害なり欠如なりが[主人公に]知らされ、主人公に頼むなり命令するなりして主人公を派遣したり出立を許したりする。(仲介)

10.探索者の主人公が、対向する行動に出ることに同意するか、対抗する行動に出ることを決意する。(対抗開始)
11.主人公が家を後にする(出立)
12.主人公が[贈与者によって]試され、訊ねられ、攻撃されたりする。そのことによって、主人公が呪具なり助手なりを手に入れる下準備がなされる。(贈与者の第一機能)
13.主人公が、贈与者となるはずの者の働きかけに反応する(主人公の反応)
14.呪具[あるいは助手]が主人公の手に入る(呪具の贈与・獲得)
15.主人公は、探し求める対象のある場所へ、連れていかれる・送りとどけられる・案内される(二つの王の間の空間移動)
16.主人公と敵対者とが、直接闘う(闘い)
17.主人公に標がつけられる(標づけ)
18.敵対者が敗北する(勝利)
19.初めの不幸または欠落がとりのぞかれる(不幸・欠如の解消)
20.主人公は帰路につく(帰還)
21.主人公が追跡される(追跡)
22.主人公は追跡から救われる(救助)
23.主人公がそれと気付かれずに、家郷か、他国かに、到着する。(気付かれざる到着)
24.ニセの主人公が不当な要求をする(不当な要求)
25.主人公に難題が課される(難題)
26.難題を解決する(解決)
27.主人公が発見・認知される(発見・認知)
28.ニセ主人公あるいは敵対者[加害者]の正体が露見する(正体露見)
29.主人公に新たな姿形が与えられる(変身)
30.敵対者が罰せられる(処罰)
31.主人公は結婚し、即位する(結婚)

蓼沼正美「超入門!現代文学理論講座」(2015/11)より引用

鋼の錬金術師 FA」に当てはめてみる

さて今回は「鋼の錬金術師 FA」にこの31の機能が順序通り当てはめてみたいと思います。

ただ「超入門!現代文学理論講座」という本では大体の昔話は機能20で終わりを迎えるとのことです。そしてパッと見「鋼の錬金術師 FA」も20で終わりを迎えている可能性が高いので20まで当てはめてみることにします。

1.ホーエンハイムが家を留守にする
2.(禁止)についての描写は無し※ただし禁止されていることはある
3.エドとアルが錬金術の禁忌を犯す(人体錬成)
4.国家錬金術師の試験場でキングブラッドレイがエドに腕が何故オートメイルになっているのか尋ねる
5.国家錬金術師の試験場でエドが真理を見たものにしかできない手合わせ錬成をやってしまい、キングブラッドレイに人柱となれる人材であることがバレてしまう。
6.キングブラッドレイが国家錬金術師としてエドを認定する(人柱候補選抜という国家錬金術師制度の裏の顔を隠しての認定)
7.国家錬金術師となったことでエドは心ならずも悪事への加担者となってしまう。
8.なし
8-a.エドは腕、アルフォンスは身体が欠けており、それを回復させたいと思う。
9.なし
【補足】
9の描写は「鋼の錬金術師 FA」にはありません。が、「超入門!現代文学理論講座」には次のように書いてあります。

「いずれにしても、『主人公が家から出立する』ことで、物語が大きく動き始めることになります。つまり、物語が本題に入るための[仲介]あるいは[つなぎの段階]というわけです。」蓼沼正美「超入門!現代文学理論講座」(2015/11)より引用

その為、この9では出立の動機が既にあれば不要ということになります。その為「鋼の錬金術師 FA」ではわざわざ描かれなかった、というのが私の解釈です。

10.なし ※9同様にエドは既に身体を取り戻す決意を固めているので描かれていない
11.エドは賢者の石を求めて旅に出る
12.スカーがエドを攻撃する
13.エドがウィンリーを庇う
【補足】
13は直接14に繋がる行動ではありません。これ以外にも「お前は俺を裁く権利がある」的なことを言ったスカーに対して手当をしたウィンリーやスカーの質問に対して「いや、俺は内側から変えるから」的な回答をしたマイルズの影響も多分にあるでしょう。というかぶっちゃけマイルズやウィンリーの影響の方が大きいと思います。なのでこの13の「主人公が、贈与者となるはずの者の働きかけに反応する」についてはここでは〈主人公は〉ではなく〈主人公サイドの人は〉となります。
14.スカーが助手となる
【補足】
12~14の流れで助手となる・或いは入手できる呪具はスカーだけではないと思います(グリードとかも12~14に当てはまると思います)。が、ぶっちゃけそれらを洗いざらい出すのは超絶メンドイのでここでは分かりやすいスカーのみを書きました。
15.金歯の男によって人柱の1人としてお父様のところに連れていかれる
16.エドがお父様と闘う
17.なし
18.エドがお父様を倒す
19.エドとアルの身体が元に戻る
20.エドとアルが故郷に戻る

ざっとこんな感じになると思います。

まぁ私の裁量と解釈で当てはめているので何とも言いづらいところなのですが、かなり「鋼の錬金術師 FA」は31の機能を忠実になぞっているように見えます。

鋼の錬金術師 FA」はコンテンツの王道なのかもしれない

では「『鋼の錬金術師 FA』が31の機能をほぼ忠実になぞっているから何だって言うの?」ということが次に出てくるかと思います。次はその話をしていきましょう。

ところで私は「鋼の錬金術師 FA」がどのくらいヒットしたかは知りません。が、少なくも現代人の鑑賞に耐える作品であり、同じく現代人である私が面白いと思って鑑賞しきった作品であるのは間違いないでしょう。

私は文学学士であり大学4年生の時は江戸時代の文学を研究をしていました。しかし在学中は古典作品を心底面白いと思った経験が1回もありませんでした。

だから心のどこかで古典作品は研究対象にはなるが現代人が本気で面白いと思うものなど無いと決めつけていました。

そしてそこからさらに自論は展開され「文学作品は時代によって全く異質な存在になる。物語の基本構造さえ時代の需要に合わせてゆるやかに変質していく」という考えを持つようになっていました。

しかし「鋼の錬金術師 FA」はこの私のバイアスを壊してくれました。大昔の物語構造とほぼ変わらないストーリー構造をしているのにも関わらず私が「面白い!」と思い、かつ現代人の鑑賞の対象になる作品があることを体験として教えてくれたのです。

つまり物語の中には時代を超えても変わらない普遍の法則があるということを文字通り体得で得ることができました。これは非常に喜ばしいことです。まぁ文学学士になってから気づくなんて不勉強この上ないですな…(猛省)

そして同時にこうも思いました。こうした時代を貫く普遍の物語構造を内包していたことが「鋼の錬金術師 FA」の面白さに繋がっているのかもしれない。これはあくまで想像ですが、昔話として残るほどの作品というのはまぁ名作だと思うんです。

というのも残るものであるためには深く広く伝わる必要があるし、深く広く伝わるには良作であることが必要な条件になると思うからです。※あくまで想像です

そしてそんな残るものである昔話を研究し「31の機能がある!」と言い出したのはウラジーミル・プロップです。そしてその31の機能をほぼ忠実になぞっている「鋼の錬金術師 FA」。

こう考えると「鋼の錬金術師 FA」の面白さのキーの一つとして、この31の機能に忠実であったことがあると思われるのです。まぁ実際のところはよく分かりませんけどね。でもそんな気がします。

私は社会人になってからクリエイターとしてずっと生きているのですが、今回の収穫は大きかったと思います。

まとめ

まぁ実際のところは良く分からないけどね。

でも「鋼の錬金術師 FA」面白いから是非観てみて。