副料理長は2番目に偉い

人生と物語と学術を中心に

アトピー性皮膚炎が治ったキッカケを考えてみた

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51nGFsHjllL._SX298_BO1,204,203,200_.jpg

もう10年くらい前の話ですが、アトピー性皮膚炎に悩まされていました。

特におしりが酷くて、朝起きたら毎日組織液のせいでパンツとおしりがくっついていました。

それをべリベリ剥がしながら情けなくて泣いたことも覚えています。

で、もうかれこれ10年という歳月が経ちアトピー性皮膚炎に悩まされることはあまり無くなりました。

まぁ完全に無くなったわけではないんですが、薬でコントロールもできるし痛みや情けなさで泣くことはないくらいです。

で、今回は私のアトピー性皮膚炎が改善した理由について思い当るものが2つあるので、それを紹介してみたいと思います。

正直どれも簡単に実践できるのでぜひ試してみて欲しいです。

で、本当に良くなったらコメントとかで報告貰えると少しだけ嬉しくなります。

自己流アトピー性皮膚炎改善提案1:石鹸&シャンプーを使わない

まず考えられるのがこれです。

私がまだ中学生だった時、ある時唐突に石鹸とシャンプーを使うことを辞めたのです。

すると日を追う毎に肌が綺麗になり痒くなくなったことを覚えています。

今となってはなんで石鹸とシャンプーを使うことを辞めたのか覚えていませんし、これによって肌が改善した理由も分かりません。

でも、これによって良くなったという自信はあります。

もしこの実験の最中に家族なり友人から「身体臭いわ。お前」って言われたら止めてたかもしれませんが、実験開始から10年経った今も言われたことはありません。

それに芸能人でも石鹸やシャンプーを使わない人は多いそうなので、気を付けてやれば問題ないと思います。

yushan-datsushampoo.blog.so-net.ne.jp

www.news-postseven.com

自己流アトピー性皮膚炎改善提案2:汗をかかない&かいてもすぐ洗い流す

次はこれです。

まぁ「汗をかくな!」というのはどこかの体育会系の部活動じゃないので言いません。

でも汗をかいて放置するのはよくないのですぐに汗を流すようにすることをオススメします。

理由はシンプルです。私が汗を放置するとすぐアトピー性皮膚炎が悪化するからです。

皮膚が真っ赤になって痒くなり、掻くといとも簡単に傷になってしまうのです。

だからすぐに汗をかいたら洗い流すことをオススメします。

まぁそれでも痒いものは痒いので私は毎日運動したりはしません。

ほどほどにやって汗をかいたらすぐ流す、を実践しています。

ちなみに蛇足ですが、私は中学時代は体育会系の運動部に所属し、高校時代はある病気のため帰宅部として過ごしていました。

そして再び大学時代に体育会の運動部に所属しました。

アトピー性皮膚炎は中学時代は相当酷く、高校時代は全く悩んだ記憶が無く、大学時代はちょっとだけ悩まされた記憶があります。

この経験からも私はアトピー性皮膚炎と汗の関係については注意するようにしているのです。

おまけ

最後におまけで1つだけ私のアトピー性皮膚炎が改善したキッカケと思われるものを紹介しておきましょう。

ただし、実践は不可能です。

それは事前にご了承下さい。

私のアトピー性皮膚炎が改善した理由について考えられるもう1つの理由。

それはアクテムラやプレドニンプレドニゾロンといった若年性関節リウマチに使った治療薬です。

トシリズマブ - Wikipedia

www.interq.or.jp

まぁこれは何か理由があるわけではありませんが、私のアトピー性皮膚炎が改善した理由の1つである可能性はあるとは思うのです。

何にせよ皆さんには実践は不可能な話なので無視して下さって結構です。

これ以外の2つについては簡単に実践できるのでまずは1ヶ月くらい頑張ってみてはいかがでしょう?

「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」と「アパートの鍵貸します」に共通する普遍的な感動の構造

お断り:この記事は「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」と「アパートの鍵貸します」のネタバレを含みますので要注意して下さい。

U-NEXTでやっていたから、という極めて単調な理由で「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」を鑑賞しました

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Y4pemqqEL._PI_PJPrime-Sash-Extra-Large-2017,TopLeft,0,0_OU09_AC_US218_.jpg

”ひねくれぼっち”の高校生・比企谷八幡が「奉仕部」に入部し、美少女やギャルと出会い・・・!?残念な主人公が繰り広げる青春ラブコメディ!

鑑賞前は「このタイトル人を馬鹿にしてんの?」と思ってそこまで乗り気じゃなかったんですが、蓋を開けてみたらあら不思議。

2日目には2期の「やはり俺の青春ラブコメは間違っている続」まで見終わっていました。

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/615pIh5Xi0L._PI_PJPrime-Sash-Extra-Large-2017,TopLeft,0,0_OU09_AC_US218_.jpg

修学旅行を控えた八幡ら奉仕部に持ち込まれた依頼とは!?新登場の一色いろはも加わり、彼らの関係もさらに複雑さをみせ始める。八幡の高校生活はどんな展開を迎えるのか?(C)渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。続

結構な名作だと思うので観てない人には是非観て欲しいです。

感動の構造があの古典映画に似ている

(注)今から話すことは決してパクリ云々の話題ではありません。

で、この作品を観てて思うところがありました。それは「あれ?この作品の感動の構造って『アパートの鍵貸します』に似ていないか?」ということです。

(注)もう1回言っておきますが、これはパクリ云々の話ではありません。感動の本質に迫る話です。

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/511lY4d89uL._AC_US160_.jpg

上役の情事の為に自分のアパートを貸しているしがない会社員バド。それもみんな出世のため。だが、人事部長がつれ込んできたエレベーターガールの女性フランは、バドの意中の人だった。出世か、それとも恋人か、最後にバドが選んだ答えとは……?

※名作ですが如何せん古い映画なので(1960年制作)知らない人も多いかと思います。(でも名作なので是非こちらも観てみて下さい。)

最初はただの直感的な感想だったのですが、段々と興味が湧いてきたのでこの感想について深堀りしてみようと思うようになりました。

というのもその感動の構造を理解することこそが、感動というものへの本質的な理解を促してくれるのかもしれないと思ったからです。

そして今回の記事は上記のようなプロセスを経て、上の2つの作品の共通点となる感動の構造について探ってみましたので、その内容を綴りたいと思います。

共通点となる感動の構造

では「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」と「アパートの鍵貸します」に共通する感動の構造とは何か?

それは理解されない自己犠牲への理解です。

意味不明なので解説します。しかしその為には2つの作品のあらすじを理解しないといけません。

今回は「アパートの鍵貸します」のあらすじについて下に掲載します。※「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」「やはり俺の青春ラブコメは間違っている続」については観た人を前提とした記事なので割愛させてもらいます。

ニューヨークの保険会社に勤めるさえない平社員のバクスター(バド)は、アッパー・ウエスト・サイドの安アパートに独り暮らし。バドは勤務中、4人の課長にせわしなく電話をかけて、スケジュールを調整している。というのも、自分の部屋を愛人との密会用に時間貸しして、勤務評価を上げて貰っているからだ。

ある日バドは、シェルドレイク部長のオフィスに呼び出される。社内での不審なメッセンジャーの動きや、バドが不自然に高評価を受けることについて詰問されるが、シェルドレイクも5人目に割り込み、そのうえ部長補佐への昇進を持ちかけてくる。気を良くしたバドは以前から気になっていたエレベーターガールのフランをデートに誘う。フランは快くOKするが、「ただし先約を済ませてからね。」と言い、会社を後にした。そして彼女が落ち合ったのは、シェルドレイク部長。彼の浮気相手というのはフランだったのだ。2人の仲は暗礁に乗り上げていたが、今でも会社の外で逢引きをする関係だった。そうとは知らないバドは約束をすっぽかされて、寒空の下で鼻をすすった。

クリスマス・イブ。社内を上を下へのパーティーの最中、フランは部長秘書のオルスンからシェルドレイクとの仲について嫌味を言われ、ひどく落ち込む。バドは陽気に彼女に接するが、ふとしたことからフランとシェルドレイクの関係に勘付いてしまう。しかも、今夜アパートの鍵を貸せと命じられている。やるせない思いで、次々にマティーニのグラスをひとり空けていくバド。そのころバドの部屋では、フランとシェルドレイクの別れ話がこじれていた。そそくさと家庭へもどっていくシェルドレイクを見送った後、フランは部屋で睡眠薬自殺を図る。バーでのヤケ酒から帰宅したバドは、ベッドでぐったりしているフランを見つける。慌てて隣人のドレイファス医師を呼び出して介抱するが、医師からはバドの女ぐせの悪さが原因だと誤解され、お説教されるはめになるが、フランに悪評が立つことを恐れて、バドは甘んじて誤解を受け入れる。彼は弱気になったフランを励まし、食事や暇つぶしのトランプゲームまで、かいがいしく世話を焼く。彼の優しさにフランも、「どうしてあなたみたいな良い人と、私は恋できないのかしら…。」とつぶやいた。

クリスマスの夜。思いがけず、憧れのフランとディナーを囲むことになり、張り切ってスパゲティをゆでるバド。ところが、フランの義兄カールがアパートの部屋に乗り込んでくる。会社の課長たちに悪評を吹き込まれた彼は、バドがフランの自殺未遂の原因だと早合点し、彼の顔面に一発食らわせた。バドもフランの名誉のため、カールにやり返さなかった。そのまま、フランは連れられて帰っていく。「ありがとう。」とバドの額へのキスを残して。

翌日、腫れた目のバドは、シェルドレイクにフランから手を引くように言いつけるつもりでオフィスへ乗り込むが、あろうことかシェルドレイクから、フランとの一件から手を引くように言い渡される。秘書オルスンが彼の妻に事実を暴露し、離婚することになったからだ。何も言えないバドは、昇進のしるしである個人オフィスで途方に暮れる。

大みそか。フランへの恋心を振り切るかのように仕事に打ち込むバドをよそに、シェルドレイクは再びアパートの鍵を貸すように命令してくる。ついに堪忍袋の緒が切れたバドは、鍵は貸さないとはねつける。シェルドレイクはクビきりをちらつかせるが、バドは「私はひとかどの人間になりたいんです。」と啖呵を切り、自分から会社を飛び出した。その晩、レストランでの年越しパーティの席で、シェルドレイクはフランにバドが会社を辞めたことを教える。そして、「フランを連れ込むのなら、なおさら鍵は貸せない」と彼が拒否したことも…。“蛍の光”の合唱が聞こえるなか、フランは、自分を本当に気遣い、愛してくれていたのは、他ならぬバドであると確信した。そして、シェルドレイクの目を盗んでパーティを抜け出し、バドのアパートへと駆けていく。

笑顔で部屋への階段を駆け上がるフランの耳に、しかし一発の銃声めいた音が聞こえた。不吉な予感がしたフランが戸をノックすると、栓を抜いたばかりのシャンパンを持ったバドが驚いた顔で出迎えた。彼は新年早々に引越しの準備をしていたのだ。「新しい町で、新しい仕事を見つけて、新しい人生を始めたいんだ。」と言うバドに、「偶然ね。私もそのつもりよ。」と返すフラン。そして、トランプゲームを再び始めようと提案する。ソファに座ってカードを切るフランに、バドは「愛してる。」とささやくが、フランはにっこり微笑んで「黙って、カード配って。」2人は、また新しくトランプゲームを始めるのだった。

さて、長々としたあらすじでしたが、「アパートの鍵貸します」の感動の構造を分かりやすく解説すると次のようになります。

まず感動に至るプロセスについて簡単に追ってみましょう。

①主人公の保険会社社員のバドはフランというエレベーターガールが好きである

②しかし、フランはバドの上司で既婚者のジェルドレイクと不倫している

③バドはあるタイミングで②の状況を知る

④ジェルドレイクはフランと過ごす為の部屋として、ホテルのように様々な人に貸し出されていたバドのアパートの部屋の鍵を貸すようにバドに云う。

⑤バドの部屋でフランとジェルドレイクの別れ話がこじれたのを原因としてフランはバドの部屋で睡眠薬自殺を図る

⑥帰宅したバドはフランが睡眠薬を大量に飲んで倒れているのを発見し、フランの人名救助や目覚めた後の世話を献身的に行う

⑦フランが自殺を図ったことについてバドは様々な人から誤解を受けるし、それが理由で殴られもする

⑧バドはフランの名誉の為に、⑦の誤解については一切弁解をせず、自分の悪事として引き受ける

⑨後日、ジェルドレイクは秘書の暴露により妻と離婚し、フランと再出発することになる(フランもそれを喜んで受け入れる)

⑩バドは⑨を受け入れるもジェルドレイクから再びフランと過ごす為の部屋としてバドから鍵を借りようとする

⑪しかし、バドは「フランを連れ込むのであれば、なおさら鍵は貸せない」としてこの申し出を拒否。その事でジェルドレイクにクビをチラつかせられるものの逆に自ら会社を飛び出してしまう

⑫大晦日、ジェルドレイクはフランと年越しパーティの席でバドが会社を自ら辞めたことを話す

⑬バドが会社とポストを捨てた理由がフランのためであったことをフランが知る

⑭フランは自分のために会社もポストも捨てたバドの愛に魅かれバドのアパートへ行く

⑮フランとバドはトランプゲームを始める(多分この後カップルになる)

この感動へ至るプロセスをさらに凝縮して抽象化すると次のようになります。

Ⅰ自己犠牲的に誰かに奉仕する主人公がいて、それを周りが理解してくれない(ヒロインはこの時主人公を好きではない)

Ⅱ最終的にヒロインが主人公を好きになるというⅠの対価を主人公は得る

そして、このたった2段階で構成される感動の構造が50年後の「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」「やはり俺の青春ラブコメは間違っている続」でも同じように採用され、作品を魅力的なものにしてくれています。

「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」では、主人公の比企谷八幡は自ら悪役を買って出るような自己犠牲的な行動で、次から次へと自らが所属する奉仕部へ来る同級生の依頼を達成していきます。

しかし、一部の人間を覗いて殆どの同級生からは、自己犠牲的な比企谷八幡の行動の表の部分だけが評価され、比企谷八幡は次第に嫌われていきます。

またヒロインである雪ノ下雪乃は完全には主人公の比企谷八幡を好きになってはいません。(最終回で告白する前の比企谷八幡を振っている)

ここまでがⅠに当たります。

そして「やはり俺の青春ラブコメは間違っている続」では比企谷八幡は1期と同じように振る舞いますが、その行動が原因で物語は大きく展開していきます。

そしてその展開の末に、最終回時点では比企谷八幡をヒロインである雪ノ下雪乃は好きになっているのです。(最終回で特別なバレンタインチョコレートを比企谷八幡に渡そうと意図している)

ここまでがⅡに当たります。

このように「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」と「やはり俺の青春ラブコメは間違っている続」の一連の物語には、「アパートの鍵貸します」に存在する感動の構造を同様にして見ることができるのです

まとめ

まぁ「だから何なの?」という話なんですけどね。別に結論は無いです。でもクリエイターやっている私としては創作の上で良いヒントを得た気がします。

だからメモ代わりに記事を書いただけの話です。もしこれがヒントになりそうな人はぜひブックマークでもして貰えると少し嬉しい気持ちになります。

さて、一応ですけど自己満的に一行で結論出しときたいと思います。

よく分からないけど報われない人へのカタルシスとそのカタルシスの原因となった悲劇の解決が人の感動の本質の一部なのかなぁ by副料理長

何はともあれどっちも面白いから観ると良いですよ。

カタルシスとは

「悲劇が観客の心に怖れ(ポボス)と憐れみ(エレオス)の感情を呼び起こすことで精神を浄化する効果」

アニメの独裁者キャラに必要な2つの条件

アニメにおいてキャラクターが視聴者に独裁者として受け入れられるにはどのような表現が必要になるのか?

その答えに近いヒントが書かれている本を最近見つけました。

それは内田樹氏の 「寝ながら学べる構造主義」です。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41XEPVMR1ML._SX298_BO1,204,203,200_.jpg

「寝ながら学べる構造主義」から学ぶ独裁者のキャラに必要な2つの条件

この本の中における次の文章がそのヒントの部分となります。

人々が独裁者を恐れるのは、彼が「権力を持っているから」ではありません。そうではなく、「権力をどのような基準で行使するのか予測できないから」なのです。延臣たちのうち誰が次に寵を失って死刑になるか、それが誰にも予測できないときに権力者は真に畏怖されます。

内田樹氏著「寝ながら学べる構造主義

皆さんはこの文章をどう感じたでしょうか?私は次のような感想を抱きました。

あるキャラクターがストーリーの中で独裁者として受け入れられるには次の2つが必要なのかもしれない。

Ⅰ:権力者であること
Ⅱ:Ⅰを満たした状態で(少なくとも読者・視聴者から見て)基準が分からない権力の行使を行う

※後述しますがⅠを満たした状態でⅡを満たした時(シーン)が独裁者のキャラクターの誕生する瞬間となります。

このような感想です。

もちろん、これが確実な答えだと断言することはできません。が、クリエイターの人には大きなヒントになるのではなるのではないかと思います。

宇宙戦艦ヤマト2199」のアドルフ・デスラーは独裁者か?

さて、話は変わりますが、私が物語における独裁者として真っ先にイメージするのは「宇宙戦艦ヤマト2199」のアベルト・デスラー総統です。


ガミラス帝星を統べる総統。拡大政策を行い、大小マゼラン銀河を統一し、天の川銀河へと進出していくが、その本意は別にある。

宇宙戦艦ヤマト2199 - Wikipedia

このデスラーは上の2つの条件を満たしているのかについて次に考えたみたいと思います。

まずⅠの権力者であることについては「大ガミラス帝星を統べる総統」という設定でクリアしているでしょう。問題はⅡです。

果たして、デスラーⅠを満たした状態で(少なくとも読者・視聴者から見て)基準が分からない権力の行使を行ったことがあるのか?ここがあるかないかが問題です。

で、色々「宇宙戦艦ヤマト2199」のシーンを思い出していたらありました。それはデスラーが宴(?)の音頭を取っているシーンです。

デスラーが皮肉を込めて「テロン人の健闘を祈って乾杯しようぜ!」と言った矢先に、酔って調子に乗った部下が「罠にかけて健闘を祈るとか面白すぎ。総統も相当冗談が好きですな。」という、すぐにでも左遷されそうな冗談を言ってしまいます。

さて、これをデスラーはどうしたかというと「お前みたいな下品な男は我がガミラスに要らねぇわ」と言って、謎の特殊装置を使ってその部下を宇宙へ放り出してしまいます。

別に部下は悪気があって冗談を言ったのではありません。またガミラスの法律を犯したわけでもありません。(多分)

でも「不快だわあいつ」という感想の下にデスラーは部下を殺したのです。これはどう観ても❷の:Ⅰを満たした状態で(少なくとも読者・視聴者から見て)基準が分からない権力の行使を行うを満たした行動だと言えるでしょう。

このシーンをどうとるかは人によります。が、私はこのシーンこそがデスラーの独裁者としてのイメージを視聴者へ決定的に植え付けたシーンだと思います。

そこで私個人の自己満ではありますが、自分の中の表現論の1つとして、以下のような結論を付けたいと思います。

あるキャラクターがⅠを満たした状態でⅡを満たした時、そのキャラクターは独裁者としての視聴者に受け入れられる

というわけで以上。自身の今後のクリエイターとしての活動に活かしていきたいと思います。

まとめ

まぁ信じるも信じないもあなた次第。

「3年でプロになれる脚本術」(尾崎将也著)が素晴らしい本だったので感想を書く

脚本の勉強として尾崎将也さんの著書「3年でプロになれる脚本術」を読みました。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41XoiXOAmaL._SX344_BO1,204,203,200_.jpg

いやぁ素晴らしい本でした。久しぶりに良書に出会いましたよ。

今回初めて脚本の勉強に関する本を読んだんですが、いきなり当たりを引いちゃった感じです。で、せっかく良書に出会えたので今回は「3年でプロになれる脚本術」の感想を書いていこうと思います。

興味のある人は最後までお付き合い頂けると幸いです!

2種類のスポーツ指導

いきなりスポーツの話で恐縮ですが、必要な話なのでさせて貰います。私はスポーツ指導には大きく2種類あると思っています。それは"やり方を教える指導"と"なりたい姿へ導びく指導"です。この2つの違いは野球を例にすると分かりやすいです。

やり方を教える指導:基本的な技術やテクニックの指導

なりたい姿へ導びく指導:プロ野球選手になるまでに必要なトレーニングや練習量を指示する指導

つまり野球なら基本的な技術やテクニックなどを教える事が"やり方を教える指導"、選手としての最終目標に至る必要プロセスを教える事が"なりたい姿へ導びく指導"となります。そして論理的にも私個人の経験からも後者の指導をしてくれる人は少ないと思われます。

それは"なりたい姿へ導びく指導"の実践はもの凄く骨が折れることだからです

「流し打ち」のやり方をお手本として示したり、コツを教える事はその場限りで済むことなので、自分の時間を取ることはあまりないでしょう。しかし、「プロ野球選手になるためには〇〇を〇年間続けろ!」というのは結構骨が折れることだと思います。

単純に自分の経験を教えることを超えて、他人に必要な練習メニューや量を示すわけですから、様々な作業が必要になってきます

そしてプロ野球選手になるためのトレーニングの方法や量を示すことは、他人の人生を預かり責任を持つことになるため覚悟も必要になります。だからこそ"なりたい姿へ導びく指導"をする人が少ないのは当然だと思うのです。

また私のスポーツの経験の中でも"なりたい姿へ導びく指導"というのはなかなかして貰えるものではなかったし、私自身が指導する側になった際も"なりたい姿へ導びく指導"を面倒臭いと感じた事があります。

ちなみに"やり方を教える指導"は本当に手離れが良くて、しかも教えた相手に影響を与えられるし尊敬もされるので本当に良いものでした。(笑)

「3年でプロになれる脚本術」は"なりたい姿へ導く指導"をしてくれる本

私が今まで読んだ脚本の勉強に関する本は「3年でプロになれる脚本術」しかありません。つまり初めての脚本勉強本が「3年でプロになれる脚本術」なのです。

だから断言することはできませんが、恐らくは脚本の勉強本で"なりたい姿へ導びく指導"をしたものは世の中にそう多くは無いのではないかと思います。

理由は上述の通りで、"なりたい姿へ導びく指導"は骨は折れるし勇気の要ることだからです。

しかし「3年でプロになれる脚本術」はプロの脚本家に至るために必要な練習メニューと期間について書かれている本です

具体的には"なりたい姿"をプロの脚本家として、3年でプロの脚本家になるために必要な練習方法や観るべき映画などについて書いてあるのです

そこが私がこの本を素晴らしいと思った理由です。まぁ他にもこの手の本はあるのかもしれませんが、通り一遍の基礎的な技術や作法、テクニックを教えるような本ではないのは間違いありません。

強いて不満点を挙げるなら・・・

この本に全く不満が無いかと言われたら「無い!」と断言はできます。しかし、強いて不満点を挙げろと言われたら挙げることはできます。

それは「脚本の書き方」についてはほぼ触れられていないことです。キャラクターの作り方だとか脚本の作法といった脚本執筆に関するテクニックや作法の類はほぼ書いてありません。

これまでの文脈なら"やり方を教える指導"によって教えて貰える部分です。この点はまた別の本で学ぶ必要性があるので、それがこの本に対する私の不満点です。(「まぁあくまで強いて挙げるなら...」の話です。)

まとめ

プロの脚本家になるために必要な練習メニューなどのプロセスについて知りたい人にとっては「3年でプロになれる脚本術」は素晴らしい一冊になるでしょう

ただし、脚本執筆に関する基本的な作法や技術、テクニックを求めている人には合わない本なので辞めておいた方が良いでしょう。

アニメ「SHIROBAKO」(シロバコ)から心に刺さる名言を集めてみた

アニメ「SHIROBAKO」(シロバコ)を最近鑑賞しましたがめちゃくちゃ面白かったです!(いつも言っている気がする...)

キャッチコピーは「アニメーション業界の今が、ここにある。」[4]。

題名の『SHIROBAKO』は、制作会社が納品する白い箱に入ったビデオテープ[注 2]を指す映像業界の用語である「白箱」に由来する。白箱は作品が完成した時に関係者が最初に手にすることができる成果物であり、本作は白箱の完成を目指して日々奮闘するアニメ業界の日常を、5人の夢追う若い女性を中心に描いた群像劇である[5][6]。

ウィキペディアSHIROBAKO」より

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51iQiTLXb1L._PI_PJPrime-Sash-Extra-Large-2017,TopLeft,0,0_OU09_AC_US218_.jpg

このアニメは作画もストーリーもアニメ業界という物語の舞台そのものも素晴らしいのですが、個性あるキャラクターの放つ名言もまたこのアニメの魅力の一つだと思います。

今回はそんなアニメ「SHIROBAKO」(シロバコ)の中から心に刺さる名言をセレクトしてみたので紹介させて下さい。

興味のある人はどうぞ最後までお付き合い下さい。

アニメ「SHIROBAKO」(シロバコ)名言集

「ただがむしゃらにひたすら前に進んでた。やりたいことをやり続けていた。そして気がつくとこの年になってた。それだけさ。」丸川 正人

武蔵野アニメーションの丸川社長が主人公の宮森あおいに対して発した言葉です。

いい言葉ですね。すごく理想的な人生だと思います。周りの目や評価を気にして嫌な事ややりたくない事をやって生きるよりずっと幸せな生き方だと思います。

私もいつかこういう天職を見つけて、そればっかり突き詰めていたら還暦迎えているようになりたいものです。

「クリエイターには関わった話数1本1本が名刺代わりってこと。名無しで描く作品なんて無いってこと。」瀬川 美里

フリーランスのアニメーターである瀬川美里が宮森あおいに言った言葉です。作品のクレジットに名前が載る以上は、関わったその作品の良し悪しによって次に繋がったり、後が無くなったりするということを気付かせてくれる名言です。

チームで働くクリエイターの仕事は自分の評価だけじゃなく周囲の評価にも影響が出てしまうんですね。。私もサラリーマン時代はクリエイターだったんですが全然気にしたことなかったなぁ(反省)

これからもクリエイター職でずっとやっていくつもりだから偶にこの記事読み返して身を引き締めたいと思います。

「一度失った信用はなかなか元には戻らないって話。監督がそうでしょ?積み上げてきたものが崩れるのは一瞬。いつまでもあると思うな他人の信用。だよ。」矢野 エリカ

これはクリエイターに限った話じゃないですね。社会人全般に当てはまることだと思います。まぁすごくキツイ言葉ですけど身の引き締まる良い名言だと思います。

そして自らの心にはグサッと来る言葉です。もっと責任感もって仕事しよう...

「僕は才能っていうのは、なによりまずチャンスを掴む握力と失敗から学べる冷静さだと思う。絵の上手い下手はその次だ。僕は僕より上手い人間がわずかな自意識過剰やつまらない遠慮のせいでチャンスを取りこぼしてきたのを何度も見た。惜しいと思うよ未だにね。」杉江 茂

隠れベテラン天才アニメーターの杉江茂が駆け出しアニメーターの安原絵麻に放った言葉。これもグサッと来るものがあります。

まぁ多くの人は失敗したくないでしょう。恥はかく・評価は下がるでロクなことにならないですしね。

でも杉江さんの言葉はそれを否定しているのでしょう。チャンスに飛びつき、しっかりとそれを離さず諦めず結果に繋げる。失敗した部分は学びに変えて自分の糧にする。

そういう良い意味で遠慮の無い積極性が大切だと言っているのだと思います。まぁでもあまりに実力と乖離した仕事を引き受けて失敗するのは流石にアレですけどね。

私のいたゲーム業界でも「チャンスに飛びつくのは大切だけど自分の実力でできることなのかをシッカリと精査するのはマジ大切!」というようなことを言っていた人もいましたしね。

「大胆に。しかし細心に。おでんもアニメも同じだねぇ。」丸川社長

まぁぶっちゃけこれは私の解釈なので丸川社長のセリフの意図とは違うかもしれません。それでも敢えてピックアップしました。

この言葉は私の解釈だと「おでんづくりもアニメ制作も大胆かつ細心であることが重要」という意味です。

この解釈で合っていれば「この言葉は作品づくりの大切な姿勢を見事に表現しているなぁ」と思います。

ゲームクリエイターとしては「決断は大胆に、しかし作りこみは細部まで丁寧に」というのが作品作りの大切な基本姿勢だと思っています。

もしアニメ業界の仕事にも同じ事が言えるのであれば、それをおでんを使って表現しているところにオシャレさを感じます!

※ただおでんって大胆かつ細心であることが重要なのでしょうか?そこがシックリこない...もしかしてやっぱ解釈間違っているかな?

まとめ

SHIROBAKO」(シロバコ)は面白いから1回観てみて。

承認欲求と成長に縛られて10年を無駄にした

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/515imcZ-quL.jpg

とうとうアラサーになってしまった2017年。

これまでの人生を振り返ると承認欲求と成長に縛られた無駄な10年でした。

簡単に振り返るとこんな感じ。

2008年 良い大学に入りたくて嫌な受験勉強を開始
2009年 大学受験失敗(合格校0)&浪人生活で嫌な受験勉強を継続
2010年 私立の最難関の大学に入学するも学部・学科の勉強が好きになれない毎日を過ごす
2013年 就職活動に失敗
2014年 就職留年をしてようやく内定を貰う
2015年 有名な大手企業に新卒入社
2017年 起業を決意し退職&実家のある田舎へ移住

そして田舎に移住してから約半年が経ちましたが、最近「起業は自分のしたいことではなかった」と気づきました。なので起業を諦めてしまいました。(正確に言うと法人設立のことです)

以上の事を踏まえ、この10年という期間の対価として今の自分に何が残っているのかと考えると、ほぼ何も残っていません。

それを踏まえると「まぁ随分と無駄な10年を過ごしてしまったなぁ」と思ってしまうのです。

なぜ無駄にしてしまったのか?

まぁ入社した有名大手企業でそのまま働いていれば、その企業に勤めているが故の恩恵は私の手の中に残っていたでしょう。

しかし私は自らの意志で会社を辞めて、起業をするために実家のある田舎に移住することでそれを放棄する選択をしたのです。

そのことも含めて「何故この10年で何も残らなかったのか?」というテーマを掲げると私の10年間を無駄にした犯人が浮かび上がってきました。それは承認欲求に根差す成長という呪縛の言葉です

成長という幻想

しかし、この記事で私が使っている”成長”という言葉は本来の意味とは異なります。というのも私が"成長"という言葉に対してある種の幻想を抱いていたからです。

だから以降を書いていくためには私が見ていた幻想の成長の意味(定義)を明らかにしておく必要性があります。

本来の成長

(人・動植物が)育って、大きくなること。一人前に成熟すること。大人になること。

kotobank.jp

私の幻想である成長

“自分が優れている”ことを示すことができる(と自分が思っている)客観的な証明が可能な何かを持つこと

これが成長の本来の意味と私の幻想の成長の意味との違いです。それぞれ全く異なる意味ですが、何故か私は幻想の意味の方で捉えていました。

承認欲求の果てに

私立の最難関大学に入学したのも、有名な大手企業に入社したのも、“自分が優れている”ことを示すことができる(と自分が思っている)客観的な証明である高学歴や有名大手企業勤務といった肩書(証明)を得ることを欲したからです

それがただの承認欲求だということには気づいていました。自分の好きなことはもっと他にあることも気づいていました。でも成長という言葉で自分を騙して承認欲求を満たすために嫌いなことを選ぶ人生になっていたのがこの10年間です。

そんな自分を誤魔化し続けてきた代償としてスキルや得意がない限りなく透明に近い無職の私がいるのです。承認欲求が見せる幻想に踊らされた意識の高すぎる人間にならなように皆さんお気を付け下さい。

まとめ

意識高い系は自問自答することを推薦します。

PS最近、ようやく自分が本当に好きなこと&一生追い続けられる仕事への第一歩は踏み出せた気がします。仕事が決まって慣れてきた頃にまた書きます。

リンカーンが他人を非難することをやめたエピソードが好き

リンカーンの面白いエピソードを読んだのでここに書いておきます。

リンカーンという人物

リンカーンは第16代アメリカ合衆国大統領ということで皆さんも名前はご存知でしょう。

「歴代アメリカ合衆国大統領のランキング」でしばしば1位になるほど偉大な大統領で、「国民の国民による国民のための政治」という言葉でも有名ですね。

アメリカ合衆国大統領を務めた個々の人物の業績をランク付けするために実施された政治学における調査結果「歴代アメリカ合衆国大統領のランキング」において、しばしば、「最も偉大な大統領」の1人に挙げられている。

エイブラハム・リンカーン - Wikipedia

そんな欠点なんて1ミリも無さそうなリンカーンですが、若かりし頃の彼は結構トンデモナイ人物だったらしいのです。それが分かるエピソードがD・カーネギーの「人を動かす」(1936年刊行)という本の中に書いてあります。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41nzfdbp0IL._SX339_BO1,204,203,200_.jpg

リンカーンのトンデモぶりが分かる部分の文章を以下に引用します。

人のあら探しをしただけでなく、相手をあざ笑った詩や手紙を書き、それをわざわざ人目のつくように道ばたに落としておいたりした。

スプリングフィールド(イリノイ州の州都)に出て弁護士を開業してからも、彼は、反対者をやっつける手紙を、新聞紙面上に公開したりなどしていた…

D・カーネギー「人を動かす 新装版」2015/2/10

これだけ見ても普通に嫌な人です。現代なら性質の悪いブロガーというところでしょうか。でもコレくらいなら「まぁでも匿名でやってないだけマシかな」とも思うんですよね。

皆さんも大方は

「正々堂々として良いじゃないか」
「インターネットで匿名で悪口書いたりする人よりはまだマシだ」

といった感想じゃないでしょうか?

ところがリンカーンは匿名でもやらかしています。悪い意味で今の2chユーザーの180年先を行っているのです。またまた「人を動かす」より引用します。

一八四二年の秋、リンカーンは、ジェイムズ・シールズという見栄坊で喧嘩早いアイルランド生まれの政治やをやっつけた。スプリングフィールド・ジャーナル紙に匿名の風刺文を書き送ったのである。これが掲載されると、町中が大笑いした。

D・カーネギー「人を動かす 新装版」2015/2/10

これは言い逃れのしようの無い完全に悪い奴です。さてこの後の展開ですが、匿名にも関わらず「コレを書いたのはリンカーンだ!」と特定されてしまいます。

所謂身バレという奴です。そして風刺文でやっつけられたシールズはマジ切れしてリンカーンに決闘を申し込みに行きます。リンカーンはそれを断り切れず嫌々引き受けることになります。

しかし運よくこの決闘は始まる寸前のところで双方の介添え人が分け入ったため預かりとなります。この一連の出来事を通してリンカーンは次のように変わったそうです。

この事件では、さすがのリンカーンも肝を冷やした。おかげで、彼は、人の扱い方について、このうえない教訓を得たのである。二度と人を馬鹿にした手紙を書かず、人をあざけることをやめ、どんなことがあっても、人を非難するようなことは、ほとんどしなくなった。

D・カーネギー「人を動かす 新装版」2015/2/10

「ほぼってことは、それ以降も稀にはやってるんかーい!」とツッコミを入れたくもなりますが、まぁ反省はしたのでしょう。

リンカーンビフォーアフター

さて、割りと人としては終わっている部類のリンカーンさんでしたが、反省してからは驚異的に変わったのでしょうまさかの好きな座右の銘が「人を裁くな――人の裁きを受けるのが嫌なら」となっています

そして時には自らに「悪意を捨てて愛を取れ」と言い聞かせたらしいです。何という変わりよう。人って変われるものなのですね。。

俺も変われるかも

人に恨まれて殺されかけたり、痛い目に遭ったことで教訓を得て人として変わったりと、いたって普通の(というよりむしろ性格の悪い)人間であるリンカーン

そんなリンカーンが自分を180°変えるような経験をしながらやがて偉人になった。

そんな歴史を思うと人は生きていく中でいくらでも変われるんだなぁとなんだか勇気をもらえます。

ずっとこの先も覚えておきたいエピソードでした。

まとめ

2017年下半期は人を非難しないようにしたい。(なるべくね)